Correspondre

Correspondre=つながる、結ぶ、調和する

しっとりとした朝

 

 

雨や曇りの予報が続いているFukuokaです。

 

 

数日前は、夏が戻って来た? 

と思うような気温だったので、この天気で

一気に街中も秋に包まれるのではないでしょうか。

 

 

占星術では、ラッキスターといわれる木星

天秤座から蠍座へ移動し、

蠍座木星の領域への調整期間となっている今、

過去の記憶の揺り戻しなどか起こっているかもしれません。

 

忘れていた、または封印していた記憶がよみが浮上してきた

というようなことがあったなら、

それはじぶんと向き合うチャンス。

 

その思いに寄り添い、出し切ってしまいましょう。

 

 

わたしももちろん向き合っております。

そんなことをするのにピッタリな時期でもあるのです。

 

 

 

今日も健やかにお過ごし下さいね。

 

 

広告を非表示にする

2017年秋につながる その7

 

 

人のことはさておき、まずはじぶんのことを整える。

ただそれだけ。

 

目の前で起こるできごとに対して

きらい、いやだ、気持ち悪い、悪いこと、というふうに

ジャッジしてまう、そのジャッジの基準となっている

ものは何なのか。

 

感情が出た後、そのできごとを振り返り、

言葉に対して反応したのか、

態度に対して反応したのか、

というようなことを探っていくことの繰り返し。

 

ひとつひとつ探り、腑に落ちた時点で、

反応していたそのできごとは起こらなくなり、

忘れた頃に試すかのように、以前反応していたできごとに

酷似したことが起こったりして、まだ残っていないかを確認する

機会が訪れたり。

 

地道な作業の繰り返し。

 

 

できごとに反応する、基準となるデーターを形成したのは

その人が育った環境。

 

それは、他人にはわからないこと。

そして、じぶんの中にある、ドロっとした部分を

認めなければ、前に進むことはない。

 

 

 

泣いたり、叫んだりもしましたよ〜。

 

それでも進むしかない。

 

 

 

そんなこんなで、あっという間に季節は過ぎ

1ヵ月半後に閉鎖を控えたある日、

この頃、経営者は親交のあった方からの誘いで

会食に出かけることが多く、その中の人から

 

社員の中で、就職先が決まっていない人がいたら

社員募集をしている会社があるので取り次ぎできる。

 

という話があるので、次が決まっていないのなら

面接を受けてみない? との話が。

 

あっさり、きっぱり、即答でお断りしたのは

言うまでもない。

で、このとき思ったのが、

 

 

ひとり立ちすることに対しての、心境を確認するお試しが、

来たよ、来た、と。

 

なので、即答したものの、再度じぶんと向き合う。

最終確認をし、出て来たものは片っ端から一掃。

 

 

 

そんなこんなで、

明日も出勤するんじゃない? という雰囲気漂う中、

終わりの日をあっさりと迎えました。

 

2017年秋につながる その6

 

 

人のことは変えられないけれど、じぶんのことは変えられる。

人を変えようとする前に、じぶんが変わればいい。

 

これって本当は、変わるのではなく、

本来のじぶんに戻る、ということ。

 

本来のじぶんから、

いつのまにか離れてしまったことに気づいていないので、

じぶんが変わればいいと思ってしまう。

 

 

 

変わる=本来のじぶんに戻る

 

そのことに気付くきっかけとなったのが、

2017年が開けて間も無くの頃、思い切って申し込んだ

エネルギーワーク講座でした。

 

 

 エネルギーワークをじぶんでできるようになれればいいな。と

探していたとき、ブログから伝わる人柄が気になる方がいて、

更新されるたびに読んでいたのですが、

エネルギーワークの講座となると、なかなかやはり踏み切れず。

 

講座を受けてみたいけれど、でも。 という期間を経て、

2017年2月初旬に、2日間のエネルギーワーク講座を受けたのです。

 

 

結果、講師の方との相性も良く、2日の講習でエネルギーを

使えるようになりました。

 

この講座でも言われたのが、

本来の状態に戻る、ということ。

 

それから以降、本来のじぶんへと戻るために、これまで誰かに

お願いしていたことを、じぶんでいつでもできるようになり、

同じエネルギーワークを受講し、日々使っている仲間にも

巡り会うことができたのです。

 

 

人からの誘導で行う場合も、じぶんで行う場合も、

本来のじぶんに戻るというのは、

 

自分自身と向き合うこと。なので、

 

思い出すのも辛い嫌なことにも、ひとりで向き合い、

ただひたすら、その時の思いが昇華されるのを見届け、

また次に出てきたものと向き合うの繰り返し。

 

基本は、ひとり。

逃げることはできないのです。

 

 

このエネルギーワークとの出会いにより、

これまでまとっていた不要なものがどんどん剥がれ落ち、

目の前で起こるできごとに対する感じ方が変わっている

じぶんがいました。

 

 

2017年秋につながる その5

 

1年後のわたしは、会社という組織に属していない。

ということだけはハッキリしていたこの頃。

 

 

エネルギーワークができるようになったらいいな。

と、なんとなく思っていた。

 

ただ、どのようなものがあるかなんてほとんど知らずだったので、

興味のあること、ピンときたものを体験していこうと決めた。

 

 

いくつか興味のあることを体験していくうちに感じたこと、それは、

このままではただの依存になってしまうのではないか、ということと、

主催している方との相性というのも思いの外、左右されるということ。

 

楽しかったはずなのに、後から追ってくる疲れの方が大きかったり。

じぶんのエネルギーが枯渇するのを感じたり。

というような、なんだかヘンだぞ、という感じが漂い出したので、

体験する。ということを一旦ストップしました。

 

 

 

はじめのうちは、何かしなくちゃ。という思いが湧き起こっていたけれど

それもだんだん落ち着いてきたので、改めてやりたいことについて

的を絞ることにした。

 

そんな感じで年の瀬を迎える頃、ブループリントをしていただいた方のつながりで、

遠隔ヒーリング(この方なら大丈夫と確信したので)を体験し、

変化を体感することができたので、じぶんに合うエネルギーワークを

探すことにしました。

 

この頃、何かをするにあたり参考にしていたのが、星の動き。

いわゆる占星術というものなんだけど、

この星座(生まれた日の太陽星座)の人はこうしましょう。というものではなく、

その月ごとの新月、満月時の惑星の配置からの大きな流れを読んでいる方の

ブログなどを参考にし、その時々を支配するエネルギーに同調してみるという感じ。

 

 

この頃よく思い出していたのが、

人のことは変えられないけれど、じぶんのことは変えられる。

人を変えようとする前に、じぶんが変わればいい。

という言葉。

 

これは、マクロビオティックスを始める前にも、浮上した言葉で、

じぶんが変わるってどういうことなんだろう。

ということを体験し、その過程も見つめていく。

という、わたしなりの実験でもあったのですが、また違う形で

その実験が始まりました。

2017年秋につながる その4

 

大きな流れをじぶんで決めたけれど、

実際はどうなの? という思いと、

これから先は、的を絞って進んでいきたいという思いもあった。

 

そして何より、ブループリントに沿ってここまで歩んできているはず。

ということを確認して、前に進みたかった。

 

 

申し込みをしてから数日後、結果がメールで送られてきたので

気持ちを落ち着けその内容を読んだわたしの中に、

 

これまでも、これからの選択もブループリントに沿ったものだった。

という確信が生まれ、体の芯から暖かいものが溢れると同時に、

何が起ころうと、全てはそこにつながっていると思えた。

 

 

それからのわたしは、今後の人生をどのようなことで生計を立てて

いきたいのか? ということを考えるようになり、

こんな感じかなぁ と漠然としながらも輪郭が捕らえられるように

なり始めたとき、

 

会社の経営者から、

来年の秋にこの会社をたたみます。と告げられたのです。

 

この言葉を聞いたとき、

向こうから、チャンスがやってきた。

辞職願を出さなくてすんだ。

今後のことを本格的に考えるときがきた。

 

というようなことを思ったと同時に、

解放された、とも感じました。

 

2年後に会社を辞めると決めてから約1ヶ月半後のできごと。

 

 

 

経営者の心情的なことによる今回の決断だったので、

1年という調整期間があり、いつ辞めてもいいし、最後まで勤務して

もいいという状況も、わたしにとって大変ありがたいものでした。